左巻健男&理科の探検’s blog

左巻健男(さまきたけお)&理科の探検(RikaTan)誌

EM菌vsサルモネラ:鶏卵衛生事業におけるサルモネラ検出率の推移と疫学調査について(H23徳島県 畜産関係業績発表 発表集録)

───────────────────────────

「抄録」より詳しい発表集録から抜粋。「抄録」では、サルモネラがどこから検出されたかが明確では無かったが、ここで「鶏舎環境」からだということが明確になった。

───────────────────────────

※「抄録」は次に紹介。

DND出口俊一氏とEM研究機構がまずなすべきは反省ではないか。:EM菌で「消毒」していてサルモネラの検出率が増えてしまったA養鶏場の話から
http://samakita.hatenablog.com/entry/2018/04/05/220000

平成23年
畜産関係業績発表
発表集録

鶏卵衛生事業におけるサルモネラ検出率の推移と疫学調査について
徳島家畜保健衛生所
大久保 喜美


1.はじめに
 今回の発表は、前半に昨年度鶏卵衛生事業実施した養鶏場での消毒方法改善事業を、後半にはこれまで鶏卵衛生事業を行ってきた養鶏場のサルモネラ検出率と疫学関連について報告する。
2.消毒方法改善事例
 昨年度、阿南支所管内では鶏卵衛生事業をA養鶏場で行った。
 A養鶏場は平成16年に新しい鶏舎を建設したが、鶏舎内環境からのサルモネラ検出率が年々と上昇し、昨年度の改善指導前は10.2%であつた(図1)。

f:id:samakita:20180419062245j:plain



 A養鶏場の管理者はEM菌の力を強く信じており、EM菌液を鶏舎内に頻繁に散布し、競合排除しているとのことだった。そして、消毒薬はEM菌も死滅させるとの理由で、使用していなかった。

 以上より、EM菌はサルモネラを4時間後には不検出とするが、鶏舎内での使用を考えると、感作時間および量的に、消毒効果は期待できない。一方、 1%消石灰水はサルモネラを3分以内に不検出にし、鶏舎内消毒として利用できるとの結論になった。

4.まとめ
 今後は、本事業を通じて知り得たサルモネラ検出率の高い養鶏場に対し、個別での対応が必要と思われる。A養鶏場のように効果の少ない消毒を行つていないか検討し、管理者が納得し実行可能な消毒方法を選択し、対策後にはその方法め評価をすることで、サルモネラ対策が進むと考えている。
 安全:安心な鶏卵の生産は日頃の努力の結果である。これからも安心して美味しい卵かけご飯を食べるためにも、生産者をサポートしていくことが重要である。

※参考

EM菌と卵かけご飯
https://togetter.com/li/752853

EM菌 VS サルモネラ菌
http://warbler.hatenablog.com/entry/2018/04/20/160007

↑(ここに発表集録のPDFあり)

サルモネラと生卵の話
http://samakita.hatenablog.com/entry/2018/04/16/113715

 

 

元共産党職員篠原常一郎さんの話を聞いた(ナノ銀除染、松﨑いたる板橋区議、小沢一郎、志位和夫…)

 2018年4月16日、阿部宣男vs松﨑いたる板橋区議の東京地裁裁判で松﨑さん勝利の報告会に参加した。その報告会後の懇親会で、篠原常一郎さんと話をした。


 篠原さんは、ナノ銀除染に嵌まっていた小沢一郎さんから「板橋にナノ銀除染をインチキという共産党区議がいるから共産党でなんとかしてくれ」と頼まれて仲介の労をとったということだ。

 

 その結果、小沢さんと志位さんらの会合が持たれ、松﨑さんを共産党として指導することと野党共闘の話が進んだという。松崎さんを野党共闘の犠牲者と言っていた。

 

 この話は単なる陰謀論ではないと思う。

 ぼくも共産党に手紙を出して松﨑さんを応援するように言った。結局、中央委や都委員の人と話しをすることになったが「インチキというのは市民道徳に反する」の一点張りで平行線に終わった。

 政治的な背景を考えると、共産党はそれで松﨑さんを黙らせることが小沢さんらとの約束ですからしょうがないのだと思った。

───────────────────────────

 篠原さんは元党ナンバー4の筆坂秀世氏の秘書でバリバリの党員だったが、「共産党を除籍されてから自由になって何でも言えるようになった」と笑っていた。

【月刊正論】幹部の収入を暴露! 日本共産党の元党員の私が20の疑問に答えます 篠原常一郎 - 産経ニュース https://www.sankei.com/premium/news/161029/prm1610290015-n1.html … @Sankei_newsさんから 
 *4/16には、篠原さんから、この記事に出された話をもっと生々しく聞きました。国会議員の愛人問題など。そんな問題も党内では有耶無耶に。

───────────────────────────

 ぼくも共産党に手紙を出して松﨑さんを応援するように言った。↓

松﨑いたる板橋区議の裁判に関して日本共産党への要望 -
http://samakita.hatenablog.com/entry/20161022 

  しかし、共産党は、松﨑さんに「査問」的なことをしようとした。結局、松崎さんは共産党から除籍された。

日本共産党(一部)への静かな怒り:松﨑さん除籍
http://samakita.hatenablog.com/entry/20161225/p2 

 ───────────────────────────

松崎さん勝利!:阿部宣男(元板橋区立ホタル館) vs 松崎いたる(板橋区議)裁判の判決について記事をアップ

松崎さん勝利!:阿部宣男(元板橋区立ホタル館) vs 松﨑いたる(板橋区議)の裁判の判決が出た!
http://samakita.hatenablog.com/entry/2018/04/02/095212 

 

松﨑板橋区議のナノ銀除染批判、ホタル館不正事件追及を応援!(阿部宣男氏との裁判勝利、おめでとう!)
http://samakita.hatenablog.com/entry/2018/04/02/102657 

 

阿部宣男vs松﨑いたる裁判(松崎さんの勝利)判決にある松﨑さんの「調査」

http://samakita.hatenablog.com/entry/2018/04/02/104957 

 

ナノ銀による放射能低減効果&板橋ホタル館累代飼育:阿部宣男vs松﨑いたる裁判(松﨑さんの勝利)判決にある「真実性,真実相当性等について」
http://samakita.hatenablog.com/entry/2018/04/02/113342

 

ハチミツに関する誤解を2つあげておこう。「ハチミツはボツリヌス菌が増えやすい」「ハチミツに含まれる果糖はノンカロリー」

 ハチミツに関する誤解を2つあげておこう。
 「ハチミツはボツリヌス菌が増えやすい」「ハチミツに含まれる果糖はノンカロリー」である。これを信じているのが、北京の清華大学教授で医師だという(もちろん、ニセ医師であり、ニセ清華大学教授である)@howtodominateである。 

f:id:samakita:20180416115345j:plain

f:id:samakita:20180416122529j:plain

ツイッターのおもしろくてかなしいアカウントhowtodominate(1,2型糖尿病の人は要注意!) -
http://samakita.hatenablog.com/entry/2018/03/22/000000

 

 ボツリヌス菌は、本来土壌細菌で、芽胞(がほう)の状態で広く分布している。
 ハチミツには、ハチが蜜をとってくるとき、ボツリヌス菌の芽胞をも取り込んでしまうことがある。

 

 芽胞は、細菌のまわりの環境が悪化したときに、きわめて耐久性の高い(とても丈夫な)細胞構造になって休眠状態になったものだ。ハチミツは果糖とブドウ糖の糖度が高い(水分は20%程度でその他はほとんどが糖)ので、細菌は増殖できない。しかし、芽胞ならば休眠状態でいることができる。

 

 ボツリヌス菌の芽胞を含んだハチミツを摂取すると、口の中、食道の中、胃の中などで芽胞の休眠状態が解け、増殖しようとする。しかし、胃の中には胃酸(薄い塩酸)があるから、そこで殺菌されてしまう。何とか小腸ー大腸に行けたものがあったとしても、とくに大腸内の腸内細菌フローラによってやられてしまう。だから乳児以外ではハチミツでボツリヌス菌による食中毒は心配しなくてよい。

 

 ところが、乳児の場合は、胃酸による殺菌も弱く、腸内細菌フローラの発達も弱い。そこで、ボツリヌス菌は大腸で増殖して毒素を産み出す。最初は便秘が見られるが、後には一般のボツリヌス菌と同様の食中毒の激しい症状が出る。
 これを乳児ボツリヌス症という。1987年、厚生省(当時)は、“1歳未満の乳児にハチミツを与えないように”各都道府県に通知し、注意を促した。

 

 @howtodominateの間違いは、“1歳未満の乳児にハチミツを与えてはいけない”ということを表面的に知っていても、高糖度の中では浸透圧のため細菌が増殖できないという科学の初歩的知識がなかったことによる。

 

 @howtodominateの「ハチミツに含まれる果糖はノンカロリー」という間違いは、単に人は果糖をエネルギー源にするための酵素を持っていないという思い込みによるものだ。ラクトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖など難消化性のオリゴ糖と混同しているのかもしれない(消化性のオリゴ糖もある)。

サルモネラと生卵の話

 サルモネラは一つの菌の名前ではなく、2000種以上もいるグループの総称である。だからサルモネラあるいはサルモネラ属菌としたい。


 大半はふつうの腸内細菌でおとなしいのだが、その中に、食中毒をおこしたり病原菌になったりするものが20種ほどある。有名なのは、腸チフス菌、ネズミチフス菌、パラチフスB菌、パラチフスA菌だが、とくに汚染鶏卵からの感染ではサルモネラ・エンテリティディス菌(以下SE菌と略す)が問題だ。

 

 SE菌は大変危険な食中毒菌で、今や世界中に広がっている。日本にも1990年頃から侵入してきた。身近で注意を要するのは生卵がSE菌に汚染されている場合である。

 

 生卵で0.02%、つまり1万個に2個程度の汚染である。完全に火を通せば安全だが、もし汚染されていたら生卵や半熟卵は危ない。
 汚染されていても新しい卵なら増殖前なのでまず安全だ。卵の賞味期限は生で食べても大丈夫な期間の目安である。夏場で17日以内、冬場で50日以内と業界で申し合わせている。

 

 「検査しているから大丈夫」とはいえない。1万個に2個程度の汚染では検査をほとんどすり抜けてしまう。
 養鶏場がきちんとした衛生管理をしていないと、鶏舎環境から10何%の検出率などという汚染状態になることがある。


 現在、養鶏場は衛生管理を徹底し、SE菌への防御体制を整えているところがほとんどなのでSE菌による食中毒は減っているようだ。

DND出口俊一氏(EM研究機構顧問だった)との思い出~出口俊一氏は、ぼくと裁判で争うことで何を得たのだろうか?~

 株式会社EM研究機構が「法的措置も含め対応」と呼吸発電さんを沖縄県警に刑事告訴し、検察庁で嫌疑不十分の不起訴処分になったことに関連し、そこには署名もない怪文書のようなものが参照記事(DNDサイトのDNDニュース)になっている。

 その参照記事はDND出口俊一氏によるもののようである。そこで、ぼくとDND出口俊一氏の関わりについての思い出を書いておこう。

 

 ぼくがJSA東京支部の研究集会でニセ科学問題分科会を設置したとき、本部に可笑しなクレームが来た。

 その内容は、「覆面で発表」(くられさんのこと)、「ハンドルネームで発表」(呼吸発電さんのこと)ということだ。

 

 クレーム主はジャーナリスト、金沢工業大学客員教授の肩書きのDND出口俊一氏。

 

 くられさんは始めるとき素顔で発表時に「いつもこうしているので」と断って覆面に。またHNや筆名で発表も可笑しくは無い。

 何のためにDND出口俊一氏はこんなクレームをつけるのか謎だった。

 DNDサイトを見た。そこはほぼ比嘉照夫氏が連載を続ける場だった。EM菌批判への悪罵も多かった。


 EM菌比嘉氏の連載の内容はオカルト・トンデモ・ニセ科学の色が濃く、なぜ金沢工業大学の教授がそんなものを載せているのか?
 比嘉氏の「密閉した容器の中のEM菌がその外のウイルスを失活させる多数の事例がある」を載せるのは真正の**と感想を呟いた。

 

 またDND出口俊一氏はEM菌批判側の個人や所属大学や研究所上層部へEM擁護の立場で様々な攻撃をしていることもわかった。

 暗黒通信団はそのことを「学界のトンデモ 出口俊一【と学会誌初出】」という記事にしていた。

 「要するにやってることはヤクザそのものである。記事に対して記事による反論ではなく、著者と面会して個別撃破しようとするスタンスは、そもそもジャーナリストですらない。」

 と述べていた。

 次が暗黒通信団の記事だ。
「学界のトンデモ 出口俊一【と学会誌初出】」
 http://ankokudan.org/d/d.htm?ron147-ronread-j.html

 

 ぼくは同感してそこから引用して呟いた。

 これでぼくは出口俊一氏との裁判になる。

 そのうちになぜ出口氏が一生懸命にEM批判側を攻撃するのかの謎は解けた。

 DND出口俊一氏はEM研究機構顧問だったのだ。


 裁判は東京地裁控訴審(高裁)もぼくが完全勝利した。

 出口氏は最高裁控訴したが棄却。

 控訴審判決は、

 「出口俊一氏は,ジャーナリストとして,上記行動基準に則らず,比嘉教授の見解を信じる者として,比嘉教授の見解に沿った見解を一方的に伝えているものといえる。」
「出口俊一氏は,EMの効用について否定的な見解を持つ松永教授らに対し,面会を求めたり,勤務先に電話をかけるなどしているのであるから,出口俊一氏は,EMの効果を証明するために記事を書いているといわざるを得ない。」

 とした。(読みやすくするために控訴人を出口俊一氏に変換。)

 以下に、控訴審判決全文を入れてある。

「確定判決に見るDND出口俊一氏のジャーナリストとしての適格性への疑問」
 http://samakita.hatenablog.com/entry/2018/04/06/105634

 

 これは暗黒通信団記事の「要するにやってることはヤクザそのものである。」についての裁判所の判断だ。
 今、EM研究機構のサイトにDNDニュースに出された記事が参照記事になっているが、それは呼吸発電氏が問い合わせたところ、出口俊一氏がEM研究機構を取材して書いたものだという。
 それを見ればわかるがジャーナリストの基本ができていない。今も記者行動要領に則っていないようで恣意的なEM研究機構側のものを流している。

 判決で、出口氏は記者行動基準に則っていない、と判断されたことを反省して精進してほしい、と願うばかりだ。


 ぼくの弁護は法律事務所アルシエン清水 陽平さんに依頼。裁判に時間はあまりとられなかった。裁判には少々のお金がかかったが、裁判があったのでニセ科学の本を一生懸命に書くことができた。裁判費用は2冊の印税の半分以下ですんだ。本に実感を込めて「もっとも危険なニセ科学と思うのはEM」と書くことができた。

 

 なお、今、出口氏は金沢工業大学客員教授ではない。
 なぜクレーム先にEM研究機構顧問の名刺と共に金沢工業大学客員教授や桧家(ヒノキヤ)取締役の名刺も出したかは、ぼくにはよくわからない。


 DND出口俊一氏との関わりのおかげでぼくはEM菌の問題性をはっきりと認識することができた。

 結果的にはEM研究機構はいい人を顧問に雇ったものだと思う。EMの可笑しさを様々な行動や記事で示してくれたからだ。そして自らのジャーナリストとしてのレベルも露わにしてくれた。

 

 DND出口俊一氏との裁判は、ぼくの側からだが、次にまとめた。

 「ドキュメント スラップ名誉毀損裁判
『EM菌擁護者と批判者の闘い』」 左巻健男
 A5 表紙込20ページ (推定36グラム) 末端価格200円(税抜)
 http://ankokudan.org/d/d.htm?detail099-detailread-j.html
【買う】 丸善ジュンク堂  Amazon  楽天  セブン

 

 一体、DND出口俊一氏は、ぼくと裁判で争うことで何を得たのだろうか?

(以上)

───────────────────────────

【以下、関連の記事】

 

DND出口俊一氏とEM研究機構がまずなすべきは反省ではないか。:EM菌で「消毒」していてサルモネラの検出率が増えてしまったA養鶏場の話から -
http://samakita.hatenablog.com/entry/2018/04/05/220000 … 

 

確定判決に見るDND出口俊一氏のジャーナリストとしての適格性への疑問 -

http://samakita.hatenablog.com/entry/2018/04/06/105634

  

DND(+EM研究機構顧問だった)出口俊一氏がぼくとの裁判で控訴理由書に書いた桧家と金沢工業大学のこと
http://samakita.hatenablog.com/entry/20170915/p1 

 

「EMの夢の住宅」と桧家ホールディングスの「住宅」には利害関係があるのでは?〜なぜ出口俊一氏は桧家取締役の名刺をクレーム先に出したのか?〜
http://samakita.hatenablog.com/entry/20170623/p1 

わが国は世界屈指の長寿国で、その土台に戦後の白米+副食の「和食」があるだろう

   白米で糖尿病リスクという説が流れているが、わが国は世界屈指の長寿国で、その土台に戦後の「和食」があるだろう。


 白米を中心にして多種多様な食材の組み合わせだ。
 それを忘れて米国のような副食ばかりのオンパレードは健康に悪い。玄米はカドミウムヒ素が多いし、消化も悪い。

 

 米国では精白した穀類は駄目で全粒粉がいいという都市伝説があるが、いわゆる健康にいいものばかり食べている人とそうでない人の調査でがんや寿命にほとんど差がない。

 

 適度な量でいろんなものを食べるのがいい。それには白米中心の和食は適している。

 

 そんなことも含めて友人知人の医師・生物学者らと『「健康にいい」ものばかり食べると早死にします』カンゼンを出した。

f:id:samakita:20171212144815p:plain

14日と17日の出川哲朗のアイ・アム・スタディー|日本テレビに左巻健男出演

出川哲朗のアイ・アム・スタディー|日本テレビ http://www.ntv.co.jp/degawa-study/

f:id:samakita:20180415143307j:plain


■4月14日(土)午後1時30分~ ※関東ローカル
「身近な家電の仕組み」では、異例の大ヒットとなっている科学本の著者を迎え、知っているようで知らない家電の疑問を解説。

左巻健男『図解 身近にあふれる「科学」が3時間でわかる本』明日香出版社が登場します!

 

4月14日(午後1時30分~)と17日(午後7時00分~)に放送の日本テレビ系列 春の特番「出川哲朗のアイ・アム・スタディー」

※14日の方がたくさん出る。ただし14日は関東ローカル。
全国放映の17日は14日放映の一部が出る予定。

 

f:id:samakita:20180414064136j:plain